スリムなお腹にダイエット!

下腹ぽっこり、お腹まわりの脂肪が目立ってしまう、男女問わず実に多いパターンです。それでは、ぽっこりお腹の原因は何なのか?
ぽっこりお腹の原因としては3つのことが考えられます。

 

 

下腹ぽっこりの原因

  • 筋肉・筋力の低下
  • 内蔵脂肪・皮下脂肪の蓄積
  • 内蔵下垂
  • 便秘

以上の点が密接に関わってお腹がでてきてしまうのです。明らかにカロリー摂取のし過ぎなんてこともありますが・・・

 

お腹まわりの筋肉が不足していたり、筋力が無いと筋肉はどんどん衰えていってしまいます。お腹周り、ウエスト、下腹の筋肉を意識する機会が無いと症状はどんどんと悪化してしまいます。

 

内蔵下垂はお腹まわりの筋肉不足、筋力低下が続いていると、内蔵が本来の位置から次第に下がってきてしまいます。この降りてくる位置が下腹のあたりになるのでぽっこりとお腹が出て
いるのが目立ってしまうようになるのです。

 

そして、内蔵が下がったことによって便秘が引き起こされます。これは、下がった内蔵によって腸の動きが圧迫され、腸の働きが阻害されてしまうことが大きく関係しています。

 

このように筋肉不足、筋力低下によってぽっこりお腹は成長していってしまうのです。勿論、内蔵脂肪・皮下脂肪の蓄積によって、お腹まわりは太くなり、下腹だけでなくお腹全体、ウエスト周り
も太くなって目立ってしまいます。血流も悪くなり、リンパの流れも停滞してしまうため老廃物も溜まりやすくなってしまいます。

 

このようにお腹がでてしまうことは様々なことが要因で引き起こされてしまうのです。

 

おなかぽっこりの元々の原因、筋肉不足・筋力不足を補ってあげることぽっこりを解消するために必要です。その方法はなにも筋トレだけではありません。ストレッチ!これが下腹ポッコリ解消のためにも効果的な方法です。

 

自宅で一人で出来る、楽ちんだから続けられるストレッチダイエットが効果的です。ストレッチ等を行うことによって骨盤矯正!体型の崩れと骨盤は大きな関わりがありますからね。

 

骨盤だけ矯正すれば痩せる!ってことではないのでこの点は誤解のないように。ストレッチが必要です!